「かんたん短歌の作り方」感想

かんたん短歌の作り方とHOURGLASS

え~、読み終えてすぐに記事を書き始め、8割方書き終えてリンクをバリバリと貼り
さ~、もうすぐで完成だ!!と思ったところで

問題が発生しました。保存していない作業は、消えます。

とさらりとIEに言われ、バグレポート送信はいいから、今費やした時間とエネルギーを返せ!
と、切実に願ったにっぱちです。
こんばんは。


記事が暗いのは、「かんたん短歌の作り方」がそうさせているわけではありませんので、
誤解のないようにお願いいたします。


「かんたん短歌の作り方」は、一言で言うなら、

買わなきゃ損

です。


私は、読む前まで、表紙と値段から「まぁ、薄い(両方の意味で)本だろう。」と思っておりました。

本日、取りにいってまず、その分厚さに驚き、読んでみて中身の濃さに驚きました。

そして、枡野氏自身に関しても、大きく推察を誤っておりました。

読む前は
(「マスノ短歌教」と名乗るくらいだから、売れてちょっと勘違いしてる人なのだろう。)
と、勝手な推察をしておりました。

枡野氏は
「マスかきでレジスタントでロッカーでそれらを全て自覚してる人」
です。

つまり、イカしてます。

間違いないです。


私は、枡野氏が広めたがっているのは「枡野短歌」であると思っていたのですが、
彼が広めたがっているのは。「マスノ短歌(=短歌)」であり、
それを通じて、その人が自分自身で自分を救えるようになれば。という思いがあるので、
「救い=宗教」ということで、「マスノ短歌教」とつけておられます。


え~、ここまで読んでお気づきになられたかもしれませんが、
私は
マスノ短歌教に

入信いたしました!!

ですので、これからは、枡野氏のことを「教祖」と呼ばせていただきます。


ということで、信者としてマスノ短歌教のバイブル(←「倍撫」ではありません。)ともいえる
かんたん短歌の作り方」の宣伝をさせて頂きます。

信者といえども、私は「私教」の猛烈な信者なので、他の宗教の盲信は致しません。
ご安心ください。



「かんたん短歌の作り方~マスノ短歌教を信じますの?」はいいです。

短歌をされておられる方は、必読!と思います。

他の短歌入門の本も併せて読まれると、尚、効果が高いでしょう。

私は、この本を読む前に「楽しく始める短歌」(田島邦彦)
という本を読んでいた為、文中で教祖が上げられていた短歌界の問題点や疑問点を
「あぁ」と納得することができました。

そして、自分のこれまでの作品を思い返し「あぁ,,,orz」と恥ずかしく思うとともに
目から鱗がぼろぼろ落ちました。

まだ、お手持ちではない方は、文中に出てくる短歌入門書
・「短歌という爆弾」(穂村弘)
・「短歌をよむ」(俵万智)
と併せて買われるのも楽しそうです。


「かんたん短歌の作り方」は、お買い得読み得です。

まず、教祖は歌人として、公平な目を持とうと心がけており、
その作品に対する評価や、添削は適切なものです。(←プロとして当たり前?)

また、わかりやすい言葉で、重要なことを伝えられており、
かつ、楽しいので、読むのがとても楽です。
約250ページですが、本を読み慣れていない私でも3時間程度で読めました。

次に、向井 ちはるさん、西尾 綾、天野 慶さん、杉山 理紀さん、加藤 千恵さん、
梅本 直志さん、佐藤 真由美さん、脇川 飛鳥さん、柳澤 真実さん
といった一流の読み手の短歌を、それぞれ25首以上ずつまとめて読むことができます。

リンクが貼ってある方々は、その作品集が出版されておりアマゾンで購入できます。
(加藤千恵さんは、アマゾンで検索すると、料理の本も一緒に山盛り引っかかるので、
ホームページをリンクしました。
ホームページのトップに、出版した作品集が紹介されています。)


次に、おかざき 真理さん、小栗 左多里さん、鴨居 まさねさん、
かわかみ じゅんこさん、魚喃 キリコさん、南 Q太さん
といった漫画家の方々のマンガやイラストも見られます。
(リンク先は主にその方のホームページ。ない方は、アマゾンの検索結果だったり。)


そして、読み得というのは、ココに起因します。
ほとんどの男性は、少女漫画の世界をあまり知らないと思うのですが、
この本にまとめられていることは、少女漫画誌「キューティー・コミック」への
短歌の投稿に対する添削を通じて教えておられた短歌の作り方をまとめたものであり、
あまり、知らなかった少女漫画誌の世界を垣間見ることができます。

我々が知らなかった。けれども、確実に存在しており、現在の女性の中にも存在する世界。
そんな世界を、短歌の作り方を学びながら、覗かせてもらえることはなかなかありません。

また、教祖自身の代表作品も20首以上まとめて読むことができ、他の方々の短歌と併せて
作品集として読むこともできます。


そんな、お得な「かんたん短歌の作り方
あなたも一冊どうですか?

そして、マスノ短歌教を信じますの?

教祖も本も、見た目と違って、甘くないですけど。
(本に載っている昔の教祖は怖い。上記リンク先のblogの写真は怖くない。
幸せなんだろ~な。いいな。)
[PR]
by 98765421 | 2004-10-29 23:00 | たんたん短歌


<< ひとまず かんたん短歌の作り方とHOUR... >>